顛末書|文例やサンプル、書き方について

鍵を紛失した時

顛末書の文例です
今回は会社の鍵などを紛失した時のサンプルを作成してみました。

鍵などの紛失はあってはならないことですが
施錠の責任を任されている方は鍵を持ち歩いている時間が長く
通勤途上、飲み会の場など紛失する危険が多いこともよくあります。
また、休日に自宅においていてもカバンごと盗難にあうこともありえます。

こんな時に会社に提出する顛末書の例文を下記に記載したので参考にしてください。


           顛末書
                        2008年02月04日
社長 山本五十六様
                        総務部 青山 肇
 

 このたび、私こと総務部 青山肇が会社通用口の鍵を紛失を起こし、皆様に多大のご迷惑ご心配をおかけしましたことを、まずお詫び申し上げます。

 経過についてですが、1月31日勤務終了後、通用門を施錠し鍵をカバンに入れ持ち帰ったはずだが、翌日出社時に鍵がカバン中に見つからず、紛失したことが判明しました。
引き続き帰宅経路を調査中であり、交番にも紛失届けを提出しておりますが現在のところ、鍵を発見できておりません。

 今回の鍵紛失の事柄は鍵の施錠責任者全てにおいて起こりうることであり、今後の防止策として社屋裏側の壁に暗証番号つきキーボックスを設け、通用門の鍵はそのキーボックスで保管し、社員は一切鍵を持ち帰らない事と致します。
 
 今後は鍵に限らず備品の携帯には十分に気をつけ、2度とこのようなことが起こらないようにいたします。

以上

紛失する事は、鍵以外の備品(書籍)などでもありうることですね。
あまり重要でない備品や書籍の紛失であればいいですが、
社外秘の重要書類を紛失したりすると、顛末書では済まなくて始末書を提出、また降格や免職なんてこともあります。

何であっても紛失には十分気をつけたいものですね。
 

サンプルや文例、例文を記載
鍵を紛失した時
        
顛末書 項目
業務上の失敗やトラブルなどで上司や得意先への報告書が必要なときには顛末書について調べてください。

  • 文例、書式、書き方
  • 見本、フォーマット
  • 例文、ビジネス文書
  • フォーム、様式
  • 始末書、意味、雛形
  • 社外、読み方
  • フォーム、作成
  • 紛失、記入例、事例
  • 顛末書とは、不祥事
  • 理由書、反省文
  • 謝罪文、トラブル
  • 経緯報告書


  • 顛末書は交通事故やビジネス上の失敗をおかした時に書くので、始めて書く場合が多く書式に悩むことが多いですね。
    顛末書を書く機会はできれば避けたいものですが、必要になった時、参考の一つとして当サイトをご利用下さい。


    借金問題解決のポイント